MENU

馬プラセンタと豚プラセンタの違い

 

プラセンタを飲んだことや興味がある方にはこの2つってすごく気になるプラセンタですよね。
この2つの動物以外にも羊や植物性、海洋性、人といったプラセンタが多くあるのになぜこの2つに注目があつまるのでしょうか?

 

それはプラセンタ市場に多く流通しているものが豚プラセンタだからです。
ドラッグストアや化粧品に使われているのも豚プラセンタが多いのです。
また値段も手ごろなので多くの人が手に取るプラセンタには豚プラセンタが使われているのです。

 

ところが豚プラセンタの安全性に疑問視する声が上がっているのです。
そしてその豚プラセンタに変わって安全性も品質も○ということで馬プラセンタに注目が集まっているのです。

 

馬プラセンタと豚プラセンタの違いを簡単にまとめると次のようになります。

安全面

馬は1頭ずつの飼育がほとんどです。
体温が高いため寄生虫がつきにくいです。
しかも病気になりにくいためワクチンの投与や薬が使われていません。

 

逆に豚は複数での飼育がほとんどで、病気にかかりやすい動物です。
寄生虫などに感染しやすくワクチン投与や薬を与えられています。
そのため薬の影響を受けているであろう豚の胎盤に安全性が感じられないということです。
※SPF豚という厳しい管理のもと飼育されていて、病原体がないに近い豚の胎盤を使っているものなら安心とされている。

 

品質

馬は年に1回の出産で1頭しか生みません。
そのため胎盤に栄養が多く残っていて、しかも胎盤が厚いので品質が高いとされています。

 

豚は年に数回出産して、しかも複数頭うみます。
そのため胎盤は薄く栄養価が低いとされているのです。

 

アミノ酸量

よく注目されるポイントです。
馬と豚でアミノ酸量を比べると馬の方が圧倒的に多いです。
約300倍といわれています。
また馬は人間が体内で作ることのできない必須アミノ酸をもっているのです。

 

値段

品質のポイントで書いたように馬の胎盤は年に1回の出産のため多くは採取できません。
また馬の胎盤は栄養価が高いためどうしても値段が高くなってしまいます。

 

その点豚の胎盤はすぐに手に入れることができます。
数がおおいことで大量生産することができるので値段が低コストとなるのです。

 

構造

特別同じ構造じゃないといけないわけではありません。
しかしなじみやすいという点でいうと豚の胎盤は構造が人間に近いため私たちになじみやすいとされています。

 

 

効果ではどちらかがよくてどちらかが悪いということははっきりいえません。
馬プラセンタの品質がいいから効果が高いとは限らず、また豚プラセンタの方が安いから効果がないというわけではありません。
でも今のプラセンタ市場では総合的に見て馬プラセンタの方が人気が高く、注目されているのです。