MENU

おすすめのプラセンタサプリのメリットデメリットは?

人気の高い馬プラセンタを体内に取り込むにはいくつかの摂取方法があります。
サプリやドリンク、注射や、化粧品、粉末、ゼリーなどありますが、プラセンタサプリがおすすめでしょう。
プラセンタサプリはプラセンタ市場の中でも種類が多く、各メーカーからさまざまな種類が販売されています。

 

プラセンタサプリにはメリットもありますがもちろんデメリットもあります。

メリット

  • じっくり効果を感じることができる
  • 痛みもなくつぶを飲むだけ
  • 値段が継続しやすい
  • どこでも服用ができる

 

デメリット

  • 即効性に欠け効果が実感しにくい
  • 毎日飲み続けることがめんどくさい
  • サプリが飲みにくい

 

どんなものにもいい点もあれば悪い点があるようにプラセンタサプリにもあります。

 

プラセンタサプリだったら馬プラセンタが人気1番って本当?

上記のデメリットを見てすごく大きなデメリット感じることはあまりないと思います。
サプリの場合はどうしても体内に入ってから全身に届くまでは時間がかかってしまうため即効性に欠けてしまいます。

 

即効性を求めるならプラセンタ注射が断然あります。
しかしプラセンタ注射にはプラセンタサプリ以上のデメリットがありますので、注意が必要といえます。
大きなリスクを背負うぐらいなら気軽に継続することができるサプリのほうが安心して摂取できます。

 

そんなプラセンタサプリの中でも効果を感じやすいという理由から、馬プラセンタサプリがおすすめです。
原材料を馬の胎盤をしている馬プラセンタはその品質の高さから人気があります。
品質の高さを表しているタンパク質量も馬プラセンタサプリは高い数値を掲載しています。

 

また原材料の馬の生態がワクチンや薬物に汚染されていないため安全な体質とされています。
薬物に汚染されていない胎盤が原材料という点で安全なプラセンタサプリとして注目を浴びています。
人気が高い馬プラセンタサプリは各メーカー続々と販売していますので、たくさんの種類の中から自分に合ったプラセンタサプリに出会うことに期待が持てます。

 

プラセンタサプリは継続することが何よりも大事?!

プラセンタサプリはデメリットにも書いたように即効性にかけるので継続することが重要になってきます。
毎日目安量を飲み続けることがプラセンタ効果への近道といえます。

 

だからこそネットで定期購入で入手する人が増えています。
定期購入の場合は、忘れることなく商品が手元に届くので便利です。
定期購入での多くが初回半額などで定価よりも低い金額で購入できるのでうれしいポイントではないでしょうか?
そこで注意すべき点もあり、初回以降の価格がいくらになるのか?また定期購入の縛りや退会方法などを確認しておくことをおすすめします。
価格=品質ではないので、あまり価格にとらわれすぎないようにしましょう。

 

またネットですので、自分が足を運んでお店で購入することもなく、自宅や自分の好きな場所で受け取ることが可能なため、プラセンタサプリの購入方法の常識になっています。

 

サプリはカプセルのものが大半で、その大きさは標準的なものよりも、少し小さくなってより飲みやすいカプセルになっています。
カプセルの材料も自然のものを使用しているサプリも多く、より安全に気を付けているサプリが多く販売されています。

 

 

おすすめ馬プラセンタサプリを紹介

当サイト管理人が厳選した2つのプラセンタを比較しながら紹介します。

 

Tp200

母の滴プラセンタEX

北海道産サラブレッド

原材料

メキシコ産

200mg

プラセンタ原末量

200mg

低分子化

サイタイエキス

96.3%

タンパク質量

98.8%

2500円

価格

4860円

2700円

定期購入後の価格

4860円

★★★★★

人気度数

★★★★

★★★★

効果への期待度

★★★★★

 

厳選した2つを比較してみるとどちらがいいのか、悩みますよね。
サイト管理人はどちらも続けてみてどちらもおすすめできます。
母の滴プラセンタEXは、プラセンタサプリには珍しく定期購入とその都度購入の金額が一緒です。
つまりずっとこの価格で購入し続けること言う点です。

 

母の滴プラセンタEXで注目すべき点はやはり、タンパク質量の98.8%ではないでしょうか?
品質の高さが証明されています。

 

Tp200も登場以来ものすごい勢いで売り上げを伸ばしたサプリです。
その秘密は何といっても、国産サラブレッドなのにこの低価格、これにつきます。
定期購入を続けても1日たった83円でプラセンタサプリを続けることができるのは魅力です。