MENU

プラセンタ人気が高いTp200って何?

プラセンタサプリで人気が高いサプリ、その名を「Tp200」と言います。

 

このTp200は人気プラセンタとして高い評価と評判があるサプリメントです。
その人気の証明は、2015年から2016年、2017年と最も売れた馬プラセンタサプリあることです。

 

どうしてここまでTp200は人気サプリの地位を確立することが出来たのでしょうか?
そこで今回はそのTp200の人気の秘密に迫っていきましょう。

 

 

品質の良さ

Tp200はプラセンタサプリとして人気がある馬プラセンタです。

 

馬の胎盤を原材料にして、栄養成分を抽出しています。
その馬の栄養成分こそが品質の良さの決め手となっています。
というのも、馬の胎盤にはたくさんの栄養素が詰まっているとされています。
栄養素というのは、仔馬を出産するときに栄養素として取られてしまいあまり残らないともされていますが、馬の場合は違うのです。

 

馬の胎盤はとても大きく肉厚なものです。
よって残存する栄養素は多く、また1回に出産する仔馬は1頭です。
胎盤そのものが大きいため栄養素が多く、なおかつ栄養素を必要とする仔馬が1頭ということは、より多くの栄養素が残っていると考えられます。

 

Tp200はさらに馬の中の馬であるサラブレッドの胎盤が原材料なのでより品質の良さが人気の秘密となっています。

 

抽出方法も品質の良さをキープするために重要なポイントとなっています。
動物の臓器のため消毒や滅菌などの必要な工程がいくつかあります。
そのため熱に弱い栄養素をいかに壊さないようにするかが、品質の良さを左右していきます。
Tp200はフリーズドライ製法でエキスより水分を水分のみを乾燥させて、高純度の粉末を作り、カプセルに詰めています。
これが品質の良さにつながっているといえます。

 

国産サラブレッドが安全

先にも述べましたが、サラブレッドの胎盤が原材料となっています。

 

サラブレッドも馬プラセンタの中でどこの産地の馬であるかが、人気のポイントとなっています。
馬プラセンタは今現在では、国産をはじめアルゼンチン産、メキシコ産、オーストラリア産などの馬を使っています。
それぞれに馬の特性を生かした飼育方法で、自然の中でストレスなく飼育しているという自負があるようですがここからです。

 

確かに飼育された環境ではどこの産地とも大きく変わることはないようですが、そこで入手した胎盤の処理にもお国柄の問題が関係してきていると考えられます。
国内で飼育されている馬の胎盤はほとんどが日本の文化で入手され適切に処理を行った胎盤が原材料となります。
ですがアルゼンチン産やメキシコ産など諸外国では日本の文化とは少々違う点があります。

 

いくら国が厳しい検査をして輸入したところで、現地ではどのように処理されてきたか文化の違いが出てきてしまうことがあるでしょう。
そうなるとやはり国内での飼育で国内での処理を行った胎盤が原材料であるという点は非常に信頼において高いものとなるでしょう。

 

国内では提携している農場より胎盤を入手して、胎盤が土の地面に落ちないように配慮をしています。
獣医師も立ち合いのもとで出産をしていますので通常分娩された胎盤のみを原材料として使っています。

 

先にも話したようにお国柄という点では、わが日本人は国産というブランドに信仰があります。
ついつい口にする食文化では外国産よりも国産に高い安全性を感じて、そちらを手に取っているということはありませんか?
つまり日本人は国産の安全性の高さにとても魅力を感じているということです。
だからこそ国産サラブレッドが原材料として使われているTp200は人気なのです。

 

純度100%で含有量200mgにサイタイエキス配合

カプセル中に胎盤の栄養成分を含んだプラセンタ原末が閉じ込められています。
この原末は純度が100%です。
販売されているサプリの中には、余分な成分でかさましをしていたり、プラセンタ成分ではない美容成分を配合してごまかしているサプリも少なくありません。
Tp200は、混じりっ気のない純度100%の馬プラセンタ原末だけをカプセルに閉じ込めています。
その証拠に表記もしっかりとされています。
表記だけではごまかしていてもわからないのでは?といわれそうですが・・・
公式HPには成分の分析表が掲載されています。

 

その配合量ですが200mgと、業界トップというわけではありませんが原末がぎっしり配合されています。
200mgは1日に必要なプラセンタ量を摂取できる量とされています。

 

そしてプラセンタ原末のタンパク質量が96.3gと非常に高いタンパク質量を誇っています。
プラセンタ成分のほとんどはタンパク質といわれています。
つまりタンパク質量が多いということは、それだけ純度が高くしっかりとプラセンタが配合されているということです。
業界NO.1のタンパク質量に日々近づいています。

 

注目はサイタイエキスの配合です。
サイタイエキスは今医療の現場でもその素晴らしいパワーに注目が集まっています。
美容面でも、ヒアルロン酸を多く含んでいるサイタイエキスは様々な商品に配合され始めています。
希少価値が非常に高いため、少量ではありますが、この少量でも配合されているサイタイエキスが潤いをアップさせてくれると評判です。

 

個包装とアルミ袋と選べる

Tp200の特徴といえるのが1カプセルずつを個包装している点です。
1カプセルずつの鮮度や、湿気からプラセンタカプセルを守ることを重点としていたためです。
これがアルミ袋やほかの製法では実現が困難ということで個包装をしていました。
個包装は、1包1カプセルが入っているので持ち運びにも便利で、いちいち数を数えなくてもいいとメリットでもある一方、いちいち個包装を破り飲むのが手間であるというデメリットでもありました。
そこで現在は2回目以降は、アルミ袋を選ぶことができるようになったのです。

 

え?って思った方もいるかもしれませんね。
さっきアルミ袋は実現できない・・・と言っていたはずでは?
でもTp200のアルミ袋は、その難題を解決することができ改良されたアルミ袋で提供することができるようになったのです。
基本は個包装のままですが、希望をすると2回目からアルミ袋にすることが出来ます。
このように購入者目線で個包装、またはアルミ袋と選べるのはTp200だけではないでしょうか?
この購入者目線である点も人気の秘密のようです。

 

何といっても、低価格はすごすぎる

Tp200の最大の人気の秘密はズバリ低価格です!

 

馬プラセンタサプリは原材料となる馬の胎盤に希少価値があり入手困難なため原材料が高騰しています。
そのためほかのプラセンタサプリに比べて馬プラセンタは値段が高めになっているのが現状です。
しかもこれだけの高品質の国産サラブレッドならなおさら高くなっても仕方がないようなものです。

 

しかしながらTp200はその考えを打ち砕くような価格を設定しています。
これだけのTp200が1か月2500円!お手頃価格で購入することが出来るなんて驚きしかありません。
多くのサプリの定期購入の場合、初回はお手頃であっても2回目以降は価格が1500円前後アップするサプリがほとんどです。
でもTp200の場合は2回目以降も300円程度高くなるだけです。

 

これだけお財布に優しいサプリ、そしてこの品質だったら多くの方が愛用してみようと思うのが普通かもしれません。

 

 

 

Tp200の人気の秘密を知って驚きました?
これだけ魅力があるなんて、本当にすごい馬プラセンタサプリの登場だと思っています。
サイト管理人も愛用していて馬プラセンタサプリの中では絶対おすすめサプリであることは間違いありません。
だからこそプラセンタ人気としてTp200をおすすめします。