MENU

馬の産地

馬プラセンタはもちろん馬の胎盤から栄養素を抽出しています。
その馬自身にも産地があります。
その産地は国内産の馬もいれば外国産の馬もいます。
何か違う点はあるのでしょうか?

 

今回は馬の産地について説明していきます。

 

初めに馬の胎盤という点では安心・安全・そして高品質という点においては産地がどこであれ同じようです。
そのため大きな効果の差がないようです。
しかしながら産地の違いでその馬プラセンタの特徴はそれぞれあるようです。

 

国内産の馬

プラセンタ市場の馬プラセンタの中で多くの割合を占めているのが国内産の馬プラセンタです。
ほとんどの国内産の馬が北海道で飼育されているものです。
やはり国内で飼育されている、それだけで安心・安全というのはあるようです。
もちろん厳しい検査を受けたり、徹底した飼育環境の中で育った馬の胎盤にはたっぷり栄養素が詰まっているでしょう。

 

外国産(キルギス産)の馬

あまり聞いたことのない国だと思います。
キルギス共和国と言って中央アジアの南部に位置する国です。
農薬を使っていない広大な牧草を食べて、しかもストレスなく育った馬と言われています。
そのため自然のエネルギーが詰まった栄養素が馬プラセンタに配合されています。

 

外国産(アルゼンチン産)の馬

アルゼンチンの食用馬の胎盤を使っています。
アルゼンチンの食用馬と言ったら世界トップクラスの品質をもっているといわれています。
その食用馬は広大すぎるぐらい広大な牧草地帯でのびのびと飼育されているのです。
そのためストレスもなくアミノ酸も多く含まれていると評判です。

 

特徴をまとめて見ました。
どこかの産地の馬はよくて馬は悪いということはないようです。
それぞれの特徴はありますがやはり日本人の私たちは「国内産」という言葉に安心を求めてしまうかもしれません。
その特徴を生かしながら、そして自分にあった人気が高い馬プラセンタを見つけることができるといいですね。